スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマゼミの羽化ライブ

りりあとクマゼミの幼虫を捕りにカママ嶺公園へ。
そう簡単には見つからないだろうと思っていたら、ものの1分とたたずに1匹めをゲット!よ~く探すとあちこちにいました。中には羽化を始めているのも。幼虫探しはそっちのけでじっくり羽化を観察。思っていたより速く、15分足らずで殻から出てきました。この後、羽が伸びて乾くまで2時間ほどかかるので観察終了。
1匹だけ虫カゴに入れて家に持ち帰り観察しようと思ったのですが、そのうち親子ともども爆睡!目が覚めた時はただのクマゼミになってました。。。(爆)


途夢@Tom




kuma1.gif

kuma2.gif


kuma3.gif


kuma4.gif

kuma5.gif

kuma6.gif










ブログランキング・にほんブログ村へ
◀ おもしろかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

アオバズクの親子

アオバズクの親子




カミさんの友だちから電話があって「フクロウがいるよ!」との情報。
慌てて現場に行くと、レストランの軒先に親が両端にいて間に3羽幼鳥が。1羽は弱っている様子。産毛が成鳥の羽に変わりかけて風にふわふわ揺れていました。
調べるとアオバズクでした。アオバズクは内地では普通で民家の近くにもいます。でも宮古島では初めて見ました。今はクマゼミとかいっぱいいるから餌には困らないでしょうが、島の自然が少なくなって街中を住みかにしているとしたらちょっと心配です。。。


途夢@Tom






ブログランキング・にほんブログ村へ
◀ おもしろかったらポチッとお願いします!

イペーの実

イペーの実




イペーの花つい最近まで黄色い花をいっぱい咲かせていたイペーの木。ホントにあっという間にこんな実を付けました。さやの表面には細かな毛がびっしりと生えていて太陽の光に白く輝いています。
この豆を収穫してイペーを種から育ててみようかな・・・


途夢@Tom






ブログランキング・にほんブログ村へ
◀ おもしろかったらポチッとお願いします!

生命力

生命力



森の中にある東屋。屋根の上を見て感動!
すごい生命力ですねぇ。オオタニワタリとクワズイモ。どうしてわざわざこんな所に??他にもいっぱいいい場所はあるでしょうに・・・

クワズイモといえば、ちょっと前にブームになりました。なんでもマイナスイオンをいっぱい出すので癒しの効果があるとかで観葉植物としてもてはやされました。東京の銀座で一鉢1万円くらいで売られていたとか。
それって暴利ですよね。ボリ過ぎ!!だったらこの森の中にどれだけお金が転がってるの?ってよこしまな考えも浮かんできます。

この森から小さな苗を拾ってきて庭に植えましたが、あっという間に大きくなって他の植物を駆逐しそうになったので伐採しました。
もうあのブームは来ないのかなぁ。ボロ儲けなのにな・・・


途夢@@Tom

オオタニワタリ

オオタニワタリ
自然豊かな島―宮古島


旅行のパンフレットなどによく使われるフレーズですが、ほんとに自然豊かなんでしょうか?
確かに海はそれほど開発されていませんが、宮古島の森林率は実はたったの16%しかないんです。山が無いので開発しやすいのでしょうが、それにしても少な過ぎ??

その僅かに残った森に、たまに森林浴に行きます。森を歩くと癒しの効果があるとか。唾液中のアミラーゼが減るそうです。アミラーゼはストレスがかかると増えるらしいんです。確かに森を歩くとすっきりします。夏は蚊の猛攻撃に遭うから嫌だけど・・・

宮古島の森はやはり熱帯性で蔓とかシダとかあって飽きることがありません。

オオタニワタリもおもしろい植物で、大木に寄生?します。ご覧のように列をなして生えている所も。よっぽど居心地がいいんでしょうね。
庭にもけっこう植えられていて、石垣にも付きます。土があんまり好きじゃないとか??園芸店でもいい値段で売っています。実はオオタニワタリって食べられるんです。しかもとってもおいしい!!新芽を油いためとかにすると酒の肴に最高!!
食べる物が無くなっても生きていけるかも・・・


途夢@Tom




森の影絵

影絵



やっぱり宮古島も例外なく冬でした!あれだけいい天気だったきのうとはうって変わり今日は冷たい雨の一日。

きのうはりりあも幼稚園時代の友達と早くも初泳ぎしたくらい暑い日でした。娘は海に、親父は山にということで、森の中を散策していると木漏れ日が一すじクワズイモの葉っぱを照らしていました。
暗い森に浮き上がるように鮮やかなグリーンに誘われて、木々をかき分けて行くとクワズイモの葉に見事な影絵が・・・
自然のつくり出す造形ってホントにすごいなとつくづく感心してしまいました。


途夢@Tom

いい香り???

ニンニクカズラ


宮古島は花の季節を迎えています。コスモスもこれからが盛り。。。

薄紫色の花がゴージャスに咲くニンニクカズラ。

その名のとおり、近寄るとニンニクの強烈な匂いが・・・

く、くさい~~~

まるで美人のおなら(なんという例え^^;)のようです。

これじゃ、虫も寄ってこないんじゃ・・・
ふつう、花はいい香りを出して虫を誘い受粉するはずですが。。。
虫にとってはいい匂いだったりして・・・

とりあえず、ドラキュラは寄ってこないな。。。
沖縄ではニンニクを窓とかに吊るして魔除けにする風習があります。

ニンニクの匂いには魔力があるようです。





おもしろかったらポチッと押してね!!ポチッと押してね!

沖縄の三大名花

デイゴ  デイゴ
オオゴチョウ  オオゴチョウ
サンタンカ  サンタンカ


南国・沖縄を彩る三大名花です・・・だそうです。今まで知らなかった^^;

地元の新聞に「秋を告げる花」としてオオゴチョウの写真が載っていて
「沖縄の三大名花」のひとつと書いてありました。

へぇ~~~  し、しらなかった・・・年がら年中咲いてますけど・・・

三大名花があるとすれば、てっきりデイゴとハイビスカスとホウセンカ
だと思ってました。
どの花も島唄にうたわれてますから。。。

デイゴ~の花が咲き~♪
アカ~バナ~♪
てぃんさぐ~ぬ花や♪

どれもおなじみです。

オオゴチョウってカリブ海のバルバドス諸島の国花らしいし、サンタンカ
は東南アジアのイメージ・・・
いったい誰が選定したんでしょうか???





おもしろかったらポチッと押してね!!ポチッと押してね!

ランタナ

ランタナ



いつの頃から見かけるようになったのでしょう。

昔はなかった花、ランタナが咲き誇っています。

今では、道端に普通に咲く雑草のような存在。

誰かが苗を植えたのが知らない間に広がったんでしょうね。

年がら年中咲いてますが、今が見ごろです。




ランタナ



いろんなカラーがあって競うように咲く小さなランタナ・・・

見ていると心がウキウキしてくる花です。









おもしろかったらポチッと押してね!!ポチッと押してね!

Azure Bleu

アメリカンブルー



宮古島は花の季節です。。。

昔、小さな1本の苗を買ってきて植えたアメリカンブルー。
雑草のように庭を占領しています。

青い花ってきれいだよね。。。
精神的に鎮静化する効果があるようです。

でも、なんでアメリカンブルー・・・なんだろう?

アメリカ国旗の色??

それにしては薄過ぎ・・・

この色は、南仏のコートダジュールの空の色
アジュールブリュだといつも思う・・・

南仏なんて行ったことないけどね・・・^^;







おもしろかったらポチッと押してね!!ポチッと押してね!

アセロラの花

アセロラの花


りりあの通う小学校に隣接する幼稚園の園庭・・・といってもいなか
なんでどこまで庭なのか定かではない・・・に小さなアセロラの花が
咲いています。
あまりに小さいので見過ごして木の下を通り過ぎそうになるほど。

アセロラって梅雨時のイメージがあって、夏の終わりにぽつんと
ひとつだけ花が咲いてたのに気が付いて・・・

あぁ、最後の一輪なんだな・・・

と思ってたら、どんどん咲き始めて実もいっぱいなっています。

アセロラって秋にもなるのかぁ・・・


アセロラの実


実は赤く熟し始めると鳥たちが食べるようで、木の周りにも欠けた
赤い実が散らばっています。。。







おもしろかったらポチッと押してね!!ポチッと押してね!

けなげな花

日々草


コンクリートの隙間にひっそり咲く日々草です。

誰も見てくれなくっていい・・・

そんな強い意志が感じられます。。。

ある映画で(題名は忘れました^^;)主人公のカメラマンが温室で
大切に育てていた花です。

宮古島ではそれこそ雑草のように咲いてますが・・・

そのカメラマンはユーゴスラビアの内戦の取材で死亡通知が・・・
しかし、妻は彼の死を決して信じようとせず、血で血を洗うような
紛争のただ中に飛び込み夫を探し出します。

彼の大切にしていた日々草は彼の子どもが父の帰りを信じて大事
に世話をしていたのです。

日々草の花言葉は「楽しい追憶」

日々草がこの映画のキーワードになっていたような気がします。

今年も異常??

ゴールデンシャワー


まだゴールデンシャワーが満開です。

いつもすぐ散ってしまうイメージがあるのに・・・

このクソ暑いのに、1月に咲く緋寒桜が狂い咲きしたり
なんか変です。。。

台風もまだ1個も来てないし・・・

そう言えば毎年、今年は変だと言ってる気が・・・

どれがスタンダードな気候なのか、だんだん分からなく
なってしまっています。

ま、地球も自然も絶えず変化していて、永遠ではないと
いうことを考えると、たいしたことではないのかな・・・と。

月も毎年、4cmずつ地球から離れていってるらしい。。。
そしたら、地球の自転も止まって生物が生存できない星
になるんだろうな。。。

今のうちに、この偶然が創り出した奇蹟を楽しんでおか
なくっちゃね。。。

豆の木

豆の木


真っ赤なホウオウボクの花も散り、でっかい豆のさやが
鈴なりにぶらさがっています。

南の島でも、微かに季節の移り変わりを感じます。

この豆がパパイヤのように食べられたらいいのにな・・・

小さい自然見つけた・・・

ウスキシロチョウ?キチョウ??



今朝、ショップを開けてアレカヤシを外に出そうとして、ふと見ると
薄黄色のチョウチョが止まっていました。

よ~く見たら、葉っぱの裏に白いサナギが・・・

ウスキシロチョウでしょうか?それともキチョウ??

そう言えば、このチョウチョはショップの前にいっぱい飛んでいます。
いつの間にか、アレカヤシに卵を産んでサナギになってたんですね。

でも、餌はどうしたんだろう??
アレカヤシの葉っぱなんて硬くておいしくなさそうだし、食べた跡も
ないし・・・不思議です。。。

でも、朝から小さな自然の営みを発見してちょっと幸せな気分に
させてもらいました。

蝉の恩返し

りりあに蝉の羽化を見せようと思い、9時半頃夜の公園に。。。
どうせ見つからないだろうと、まったく期待してなかったのが
嬉しい期待はずれ。

ものの5分と経たないうちに、りりあがモクマオーの枝の先端
にぶら下がっているやつを見つけてしまいました。

もうすでに羽化は終わっていて、幼虫の殻からでてぶら下がっ
ている蝉は真っ白な体で、羽の葉脈?は緑色。

Tomも小学生以来ン10年ぶりの羽化に感動!!

家に持って帰って、親子で眠い目をこすりながら観察。

蝉の羽って袋状になっているんですね。で、羽の先端に体液が
溜まり、それが重りになって羽が伸びるんです。

触ってみると、体も羽もブヨブヨ。これが朝までに硬くて黒い体と
パリパリの羽に変身するなんて、自然のメカニズムってホントに
不思議ですよね。

朝、目が覚めると真っ白だった蝉は立派なクマゼミになっていて
窓を開けてあげると、ただ黙って飛んでいきました。

別に世話をしたわけでもないけど、シュワーッとか一言言ってか
ら出て行ってほしかったな。。。

Ride on №9

Ride on №9


宮古島は夏本番!!

梅雨明け宣言を待ちかねたように、毎日入道雲がもくもく
と湧き上がっています。

やっぱり沖縄のイメージは海と入道雲。。。
入道雲を見るとなぜかとってもワクワクしてきます。

そんなワクワク感をあちらのスラングで

"Ride on №9"

というそうです。

№9はアメリカの気象用語で雲の等級を表していて
入道雲のことです。

直訳すると・・・入道雲に乗れ!

なんて感じでしょうか。。。

意味は「最高!」とか「絶好調!」とか「シアワセ~!」
てなニュアンスかな?

いかにも、脳天気な?アメリカ人的発想ですね。
ジメジメした日本人には到底思い付けないスラングです。

でも、その心情はとっても理解できます。
夏くらいカラッと爽やかにいきたいものですね。。。

もう、いいかげん不景気は吹っ飛ばして・・・

RIDE ON №9!!



野良?鶏

野良鶏??

道路脇の茂みになぜか鶏が・・・
周りに民家もないし、これって・・・野良??

・・・にしては栄養状態もよさそうで、じっと座っていました。
卵でも抱いてるのかとしばらく見ていましたが、そのうち
繁みのなかに悠然と姿を消してしまいました。

島の中には、野良クジャクはいっぱいいて猫みたいな鳴き声
がよく聞こえるのですが、野良鶏は初めてです。。。

夏が来たよと・・・

メジロ

ウグイスと言えば春を呼ぶ小鳥、梅の枝が似合います。
宮古島にはもちろん梅の木なんてありません。

季節もあんまり関係なく、最近あちこちで「ホーホケキョ」が
聞こえます。

メジロも今の時期は、スズメより普通の小鳥。庭先のバナナや
ヤシの木を忙しそうに飛びまわる姿は愛らしいものです。

ところで、沖縄はメジロの名産地?らしいです。。。

昔、祖父がウグイスやらメジロをいっぱい飼っていました。
昔は野鳥を飼うこともそんなにうるさくなかったんですね。

で、メジロの「鳴かせ」というのがあって、いい声で鳴くのを競う
んですが、そこで横綱なんかになったりすると1羽ン百万もした
そうです。

趣味の世界というのは、奥が深いというか恐ろしいですね。
でも、可愛いメジロを見ていると飼ってみたいという気持ちも
分かります。

宮古島では、ウグイスもメジロも夏を告げる小鳥です。。。

オキナワチョウトンボ

オキナワチョウトンボ

宮古島には川とか池が少なく、トンボはいっぱい飛んでいるので
すが、じっくり観察する場所はあまりありません。

宮古パラダイスという観光施設の中に浅い小さな池があって子ども
でも安心して遊べるので、トンボの観察に・・・

水色や赤など様々なトンボが飛んでいるなか、チョウチョのように
ヒラヒラ飛んでいるトンボがいました。

沖縄の固有種で、オキナワチョウトンボ、別名ベッコウチョウトンボ
といいます。名前のごとく羽がベッコウ色できれいなんですが常に
飛び回っていて、なかなか止まってくれないので、撮影には一苦労
です。

ギンヤンマ


ギンヤンマもしっぽを水の中につけて産卵していました。

こういう場所はとっても癒されます。
テトラポットや護岸をどうでもいい場所に造って、環境破壊する
予算があるのなら、こういったビオトープを増やしたほうが安上
がりで、ためになると思うのですが・・・

もっとも、公共事業は安上がりで有益な事業だとダメみたい
なところがありますけど・・・島の中には、めちゃくちゃ立派な無駄
なものがいっぱいあります。。。


青い鳥の正体

イソヒヨドリ


「青い鳥」の名前が判明しました。。。

イソヒヨドリ

魚の名前はかなり詳しいほうだと思いますが、鳥はちょっと・・・
本屋で図鑑を立ち読みで調べたらありました。

もともと、海岸近くに住んでいるんでイソヒヨドリなんですね。
最近は、コンクリートの家が多いので都市部にも普通にいる
そうです。

沖縄の或る地方では、海岸にいるイソヒヨドリが家の庭先
などにいると、不吉ということでお祓いしていたそうです。

幸せを呼ぶ「青い鳥」なのにね・・・

定位置

パパ鳥

子育てが無事終わったパパ鳥はいつもの場所に・・・

我が家の屋根のてっぺんで風見鶏?してます。

いつものようにきれいな鳴き声で目覚まし時計代わり
になっております。

子育てお疲れさまでした。。。

ご覧のように毎日青空です。
結局、「梅雨入りしたとみられる」日に雨が降っただけで
その後、毎日いいお天気が続いてます。

もう梅雨明けなのかな・・・・

今年は台風が多い・・・かも

ホウオウボク


ホウオウボクの真っ赤な花が咲き始めました。

ホウオウボクは南洋桜とも呼ばれ、サイパン
とかにいっぱいあります。

最近、宮古島でも街路樹として植えられるよう
になり、いかにも南の島というイメージで目を
楽しませてくれます。

南洋の樹木には、豆のなる樹が多くホウオウボク
も大きな豆ザヤがぶらさがっています。

今年は、咲くのが例年よりも早くいっせいに咲き
始めました。
ホウオウボクがいっぱい咲く年は台風の当たり年
という伝説?があります。

5月に入ってから毎日晴れのいい天気もそろそろ
終わり。
週明けからどうやら、沖縄の短い梅雨に入りそう
です。

あっという間に・・・

我が家で生まれた青い鳥の4羽のヒナたち。
4、5日前までは産毛でカビが生えた団子状で固まっていました
が、もう産毛は抜け落ちて巣立ちも間もなくです。

驚くといけないので写真を撮るのを我慢していたのですが
鳥の成長というのはホントに速いもので、あっという間でした。

きのうまで写真の左側にあった小さな巣で団子になってましたが
今日から右側の広い巣に引っ越してました。
なんで巣が2つあるのかなと、前から疑問でしたが納得!!
ちゃんと成長に合わせて大きな巣を用意してたんですね。


えらい!!

もうすぐ巣立ち


人間の赤ちゃんも、こんなに成長が速いと親も楽でしょうね。
でも、あまりにも速過ぎてもつまんないか・・・^^

パパ鳥☜ パパ鳥
☟ ママ鳥
ママ鳥

子育て中の、パパ鳥とママ鳥は交替で巣を守ったり
餌を運んだりと大忙しでした。

お疲れさまでした・・・m(- -)m



白く咲くのは・・・

白く咲くのは百合の花

4月に入って咲き始めたユリの花が島中で満開を迎えています。
本来は、東平安名岬など海岸に多く見られたのですが、最近
街中でも、道端とかに植える人が増えてあちこちで可憐な白い
花を風に揺らせています。

もっといっぱい増やして、東村のつつじ祭りみたいに「ゆり祭り」
なんてやってみたら素敵だと思うのですが・・・



むーちーびーさ

デイゴ~の花も散り~♪


ムーチーの花

月桃(げっとう)の花が満開です。

月桃といえば、ムーチー。

ムーチー・・・って?

お餅のこと。沖縄ではお餅を月桃の葉っぱで包みます。
内地でいう、チマキ、柏餅や桜餅と同じですね。

餅というと、柏や桜の葉の匂いを思い起こしますが
地元の子どもに訊くと・・・

「ムーチーは月桃の匂いに決まってるさぁ!」

だから、月桃を見ると餅を思い出すようで・・・

やっぱり、花より団子ですね。。。



ううう・・・

きれいな・・・カマキリ

ううう・・・・

気持ちワリ~・・・


と思いながらブーゲンビリアのショッキングピンク
ライム色のカマキリ君の対比が見事だったんで
アップしてみました。

宮古島に住んで、ゴキはまったく気にしなくなったけど
でっかいクモとカマキリだけは未だにひいてしまいます^^;

なんでだろう??

なんか今にも首が取れそうだから???
交尾した後、メスがオス食ってしまうから???

なぜか馴染めません。。。げろげろ



太陽の花

サンフラワー

今年で26回目の太陽の季節。

ひまわりが咲き始めて、夏はすぐ目の前。
東平安名岬には、白いテッポウユリも咲き
島じゅう花いっぱいのいい季節です。

ひまわりも初夏の太陽を全身に浴びて
気持ち良さそうに揺れていました。



デイゴが咲き乱れ~♪

♪デイゴが咲き乱れ♪
♪風を呼び嵐が来た♪



デイゴが咲くとうりずんの季節です

デイゴが咲き始めました。
今年はちょっと早いかな・・・
真っ赤な花が、青空によく似合います。

ところで「島唄」の歌詞を聴くたびに
違和感を覚えるのは私だけでしょうか???

デイゴは、写真のように先に向かって順番にパラパラと
咲いていきます。
だから、デイゴの花が桜のように咲き乱れるところを
見たことがありません。。。

それと、デイゴの花は「うりずん」といって暑くも寒く
もないさわやかな季節の到来を告げる花です。
風を呼び、まして嵐など来ない季節になるんです。

デイゴの花が咲くまでは「ニガチカジマーイ」といって
天気が急変して嵐になることがよくあるんですけど・・・


な~んて、重箱の隅を突っつくようなことはやめて
「うりずん」を満喫しよ~っと!!


雀のお宿

これぜんぶスズメ!!


これって何だか分かります??

ぜんぶ、スズメ!!

お店のすぐ近くにファミレスがあって、その前の
ホウオウボクに、いつもスズメが鈴なり・・・

夕方になって薄暗くなると、どこからともなくこの木に
集まってくるんです。

お店の前の通りには、街路樹としてホウオウボクが
植えられているんですが、数あるホウオウボクの中
で、なぜかこの木にしかとまりせん。

みんな、同じような大きさで同じような枝ぶりなのに
なんとも不思議です。

スズメもファミレスが好きなんですかね・・・。


Access

Online

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード
Shima-T Product Inc.



▲ ネットショップへGO!




島‐Tプロダクトネットショップ
Shima-T NET SHOP

島‐Tプロダクト楽天支店
RAKUTEN STORE

ハイビスカス通りホームページ
OFFICIAL HOME PAGE

ハイビスカスメンバー・ログイン
HibiscusMember LOG IN


cotton & sweets


ブツブツ…つぶやき


Time
ブログランキング

読んでいただいてうれしいわ。
お気に召したらポチッと押し
てくださるかしら?
お願いねっ…ウフッ ☟

にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

人気ブログランキングへ

こんにちは!途夢@Tomです




海と島を感じるTシャツショップ
【島‐Tプロダクト】店長の途夢
@Tomのブログです。
宮古島の海や島の風景、フォトポ
エムや新作Tシャツの発表などバ
ラエティに富んだ話題をお届けし
ています。




         

松本 途夢@Tom


Photo Gallery


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
相互リンク



☝バナー/リンクフリーです。






RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。