スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集の仕事って・・・

先週、宮古島でダイビング事故があって76歳の男性が亡くなった
のですが、その後しばらくして「週刊新潮」から電話取材があって
コメントを求められたんです。
週刊誌にコメントすると誇張して掲載されたり、すでに企画が決ま
っていて誘導尋問のように取材されたことがあり、ちょっと警戒し
ながら慎重にコメントしたんですが、その電話取材の2日後には
発売されていて、わざわざ郵便で1冊送られてきました。


元気老人もいいけれど「76歳ダイビング死」の教訓

という題名で、半ページほどの記事が載っていました。記事の内
容はともかく、電話取材の2日後(実質は1日くらい)には週刊誌
になっているわけです。
なんか当たり前のように思えるけど、よく考えるとすごいことです。
毎週、毎週、200ページ以上の週刊誌を、ネタをさがして取材で
ウラを取って、記事を書く・・・それを何年も繰り返すわけですから
ホント頭が下がります。
広告もかなりヤクザな仕事だけれど、エディトリアルも考えるとけ
っこうハードな仕事だなぁ、と妙に感動した一件でした。




体調には気をつけて海を楽しみましょう。


人間は、遠い過去に海を捨てたことを忘れないで・・・
スポンサーサイト

沖縄と言っても広ぅござんす・・・

今日は久々に朝から陽が射していい気持ち・・・
きのうまでの雨で、ハイビスカスも元気に咲き誇っております。

ところで、沖縄っていうとみんなシーサーや三線のイメージが
強いと思うけど、沖縄本島と宮古、八重山で微妙・・・いや、
まったくと言っていいほど、文化が違うんです。もちろん天気
もね。

考えてみたら当たり前のことで、那覇と宮古は300km以上離
れています。300kmってどれくらいかというと、東京と岐阜くら
いの距離があるんです。
ですから、天気も違って当たり前。全国の天気予報(今は気象
情報か・・・予報だとはずれたら文句言われるけど、情報だった
ら責任ないってか・・・)で、那覇の天気を見てもほとんど意味が
ありません。
今でこそ、コンピューターで詳しい気泡情報は得られるし、TV
も台風時にはテロップを流すようになりましたが、ちょっと前ま
で、八重山と宮古は蚊帳の外だったんです。
台風が過ぎ去って、沖縄本島に向かって初めてニュースで大
騒ぎするわけです。
本土に台風が近づくと、決まり文句のようにレポーターがわざ
わざ現場で叫ぶでしょ。あれ、宮古でやったら絶対死んじゃい
ます。車がコロコロ転がるくらいですから。。。



DSC_0305.gif

晴れるとハイビスカスもひときわ鮮やかに・・・

こんなTシャツ作ってます #2

DIVE! DIVE! DIVE!

エントリー→潜降→遊んで→浮上→エキジット・・・・・・・

で、初心者が必ずぶち当たる壁<DESCENT>・・・つまり「潜降」ですな。。。
これさえクリアしてしまえば、後は天国が待っている!!
だいたいね、みんな息を吸い過ぎなんですね。初めての海、緊張するのは
当たり前。
人間、緊張すると息を吐くのを忘れるんですね。「ハッと息を飲む」ってホン
トなんです。息を吐き切る前に吸ってるから、いつまで経っても肺が浮き袋
がわりになって沈まないんです。で、肺の中の空気はほとんど入れ替わら
ないから、酸欠になって苦しくなっちゃうのです。
こんな時は、息を全部吐き切って「止める」のがいちばん。すぐ落ち着きま
す。昔は、潜降する時は息を吐いて止めるのが常識だったんですが、今の
インストラクターは教えないんでしょうか・・・。
とにかく、息をぜ~んぶ吐いちゃうのがダイビングの「基本」です。



海の中で鳥になれ!

息を吐き切れば、自由自在に・・・イルカになれる!
そんな初心者ダイバーにエールを送るということで
「ダイビング基本Tシャツ」作ってみました。


DIVE! DIVE! DIVE!

こんなデザイン


このTシャツで基本思い出して・・・








テーマ : 商品情報
ジャンル : ブログ

雨の日はアニメーション・・・?

今日も朝から、雨・雨・雨・・・

宮古島もだんだんと、冬に近づいているのが肌で
感じられるようになりました。
まだ、Tシャツで頑張ってるけどさすがに短パンは
やめました。

こんな日は、仕事するしかありませんね。
で、こんなアニメーションバナーを作ってみました。。。




毎日、こんなに晴れてたらいいんですけど・・・ね

恵みの?雨・・・

今日も、朝は日が射して晴れるかと思ったら、昼過ぎから
土砂降り・・・


こんな日はTシャツ作りの仕事がはかどります。晴れてた
ら、つい「おお、撮影日和ぢゃっ!!」とか理由つけて遊び
に行ってしまうのですが、宮古島も季節の変わり目、いつ
雨が降るか分からない季節です。降る時は、もうドラム缶
を一気にひっくり返した(・・・ことは無いけど)くらい激しく
降るのです。
ほんの2,3m離れた車に乗るだけでびしょぬれなんてこ
とも。。。

だから、雨模様の日はだらだらとPCの前にお地蔵さんの
ように、一日中座っています。きのうと今日だけでこんな
にTシャツを作ってしまいました。

新作Tシャツの山

その合間に、ベビーシッターをやってる知り合いのロゴも
作ってあげました。子連れダイバーには、強~い味方です。
「たすかる」という名前でやっているので、なんとなく頭に浮
かんだのが、アライグマの「ラスカル」・・・発想が貧困なんで
しょうか?雨が多いと、脳ミソの中にもカビが生えるようでく
だらないダジャレとか思いつくもんです。意外と雨の日にいい
アイデアが浮かぶことも。。。アイデアってのは、変なところに
コロッと転がっていることが多く、まじめに考えるとなかなか
出てこないもんですね。

アライグマ「たすかる」

Tシャツのデザインの息抜きにちょうどよかったかな・・・
なかなか、かわいいでしょ?



こんなTシャツ作ってます #1

ネットショップも無事?オープンして一安心。
今は、Tシャツのデザインに全精力を傾けてます。
今月中に100種類が目標だったんですが、雑用
が多くて、なかなか進まず。ぼちぼちやってます。


で、今日からTシャツのご紹介!!

まずは第一弾!!「多良間島八月踊り」

「多良間島八月踊り」は、石垣島と宮古島の中間にある
小さな島、多良間島で毎年8月に催されるお祭りです。
島にある2つの集落で別々に島人総出で、棒踊りとか
昔の物語が延々と続きます。
村人は、ほとんどの人が何かの役で出演するので、観客
より役者のほうが多い?かも・・・。
衣装も振付も台詞も、なにしろ出し物が盛りだくさんなので
準備が大変です。
今の時代は、コンピューターとかビデオがあるので、衣装
のデザインとか、次の世代に引き継ぐのは簡単?ですが
昔は、紙に書くか口伝だけだったので、島の文化を後世
に残すのは大変だったでしょう。

さて、「多良間島八月踊り」のTシャツは2種類あります。
<まずは、仲宗根豊見親(ナカソネトイミャーと読む)。
トイ
ミャーは、宮古島を統一した(こんな小さな島でも群雄割
拠の時代があったんですね・・・)英雄で、与那国島の鬼
虎という暴れん坊を退治しに行く物語の主人公です。


多良間八月踊りTシャツ・2,800円
 こんな感じのデザインです。

もうひとつのTシャツは、「あふがま」と「こいがま」という
美人姉妹をイメージしたもの。

姉妹は、仲宗根豊見親に連れられて与那国島に行きま
す。彼女たちの使命は、暴れん坊の鬼虎を色気?と酒
で酔わせて、その隙にトイミャーが退治するという寸法
です。

多良間八月踊りTシャツ・2,800円

<Tシャツはこんな感じ>

kr006twb.gif

kr005tw.gif

明日くるよ~・・・

「明日くるよ~」

宮古島に移住して間もない頃のこと。一軒家を借りて
庭をハイビスカスでいっぱいにしよう・・・と思い、花壇
をつくることに。。。

電話帳の広告ページに
「ブロック施工、迅速丁寧!」という広告に惹かれて
「△△ブロック」というお店に電話した。


「あの、花壇を作りたいんでブロックを積んでもらえますか?」
「ああ、ハイハイ。明日きましょうね~(^-^)」


感じのいい、いかにも迅速丁寧そうな応対で一安心・・・

ところが

次の日、一日待ちぼうけ・・・確認の電話を入れると

「ああ、きのうはちょっとキビ倒しでいそがしかったさぁ」

(キビ倒し・・・???)

「明日また、まわってきましょうね~」

ところが

3日たっても4日たっても来ない!!しょうがないから
自分でブロック買ってきて、なんとかかんとか素人細
工で積み上げた頃に<△△ブロック>という文字が
入った軽トラックが家の前で停まった。

「このブロックは誰が積んだか??」
「いや、なかなか来てくれないんで自分で積んだんですけど・・・」
「そうな・・・ジョートーに積んであるねぇ」


と作業着のおじさんは妙に感心した顔で帰って行った。

あとでだんだん分かってきたのは、宮古島の施工業は半農・半
ナントカなんである。だから、専門というより農家のおじさんが農
閑期にやってるって感じなのだ。
それと、頼んだ時期が悪かった。「キビ倒し」というのはサトウキ
ビの刈入れのことで、一家及び親戚一同総出で一族の畑を刈
ってまわるので、1週間以上は本業?はストップする。

それからは
「明日こようねぇ~」と言われても、1週間は待てるようになりま
した。宮古島の「明日」は「近い将来」のことなんである。
南の島に流れる時間は、実に実にゆったりと流れるのです。


もうすぐキビ倒しの季節です


サトウキビの先端にススキの穂のような花が咲き、キビ畑が
一面銀色に輝く。
あと一か月もすると、キビ倒しが始まるのです。


テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

あんたがわかるさぁ~

きのうの続き・・・

例えば、漁師のオジィと一緒に釣りに行ったとするでしょ。

「おいっ、アンカー投げれ!」

でも、ロープとアンカーが繋がってない。

「どうやって、結ぶわけ?」

「あんたがわかるさぁ~」


で、適当に結んで放り投げて漁場を移動するんで、アンカー
を上げたら、アンカーとロープの結び方をオジィが見て一言。


「なんでこんなくくり方するわけぇ!?これじゃ解けんさ!」

と、目を三角にして怒るわけである。
だって、人まかせにしたオジィが悪いんじゃん・・・。
でも、それを根に持つわけでもなく5分もしたらニコニコしてる。
だいたい島の人に何か聞いても
「あんたがわかるさぁ~」なんである。
絶対に懇切丁寧には教えてくれない。技術は盗めってか!
これは沖縄独特の「てーげー主義」のなせる技なのだ。
「てーげー主義」というのは、つまり適当ってこと。
まあ、ちょっとくらい間違ったことしてても「なんくるないさ~」
ケセラセラなのです。
やっぱり南の島で育つと、人間おおらかになるんだなぁ。。。


オウギバショウの幹

ドラゴンフルーツのTシャツ\2,800


観光客: 「これって・・・バナナですか?」
オジィ:  「あんたがわかるさぁ~」


・・・という使い方もできる。こういう場合、オジィは詳しい
ことがわからないか、単にめんどくさいのである。

ちなみに、これは「オオギバショウ」といって、確かにバナナの
一種だけど、実がなっているところは見たことがない。


あとでねぇ~!

おとといの続き・・・

「あとでねぇ~」

「あとでまた、まわってくるよぉ~」


この言葉を信じて、ナイチャー(本土出身の人)は待ちぼうけ
をくらうのだ!!
「あとで・・・」はAfterじゃなくてGood Bye なんです。
ですから、いつまで待ってもじぇったい来ないのだ!!

「あとで・・・って言ってたから待ってたのにぃ!!」
と文句言っても
「はぁぁ?」
と変な顔されるのがオチです。

ま、なんでも「宮古タイム」というわけで、30分は3時間
「あとで・・・」は3日後と考えれば、腹も立ちませんよ。


待ちくたびれて日が暮れて

待ちぼうけ、待ちぼうけ♪で、日が暮れて・・・

今いくよ、くるよ・・・??

・・・って別に漫才師を話題にしようってんじゃありません。

宮古の人の GO COME が、本土の人と正反対という
かチョット違うゾ!というお話。


例えば、居酒屋で飲んでて一人遅れてるやつがいて携帯
で確認を取る、よいうよくある想定で・・・

「おいョ~。あんたは何時にくるわけ~?」

これも、宮古では日常茶飯事のフレーズ。だって「宮古タイ
ム」だもーん。30分や1時間くらい遅れたうちに入らない!


「ああ、今風呂上がったとこ。今くるよ~」

さて、ここで問題です。どこかおかしいと思う人、手をあげて!
宮古の人は誰一人、手は挙げません。じぇったいに!

「どっこがおかしいわけぇ~?」

自宅に集まって飲むシーン。やっぱり遅れてくる奴がいて・・・

「いま、どこか??」

「家出たところ。すぐくるよ、待っておいて」

これもちょっと変だと思いませんか・・・じぇんじぇん(笑)。

そう、フツー?の日本人とはCOMEGOが逆なんです。
と言っても、海に行く時はGOです。
つまり、自分中心の発想ではなくて、相手が中心になっ
っているわけ。う~ん、そう考えてみれば宮古の人って
奥ゆかしい・・・・



海に行こう!!

いんかいずー! = 海に行こう!= Let's go to the sea !!

イラストレーター・・・って

「イラストレーター」っていうと、床いっぱいに紙屑が散らばったワンルーム
マンションで、一心不乱に筆を動かす猫背の人・・・ってイメージだけど、今
はアドビのイラストレーターのことを指すのが当たり前の時代になってるん
ですね。

かく言うTomもイラストレーターにはお世話になりっぱなしなんですけど・・・
(なかなか言うことを聞いてくれないんでたまに怒鳴る!)ほんとすごい世の
中になったもんです。
ソフトを作った人は天才かはたまた気違いなのか・・・人間業とは思えません。

でも、ちょっと寂しいのはイラストレーター(職業としての)の能力は、頭に浮か
んだイメージを腕と手を通していかに紙の上に再現するかが勝負だけど、今
じゃイラストレーター(ソフト)の扱いに慣れたもん勝ちなのが現実でしょう。
いずれにしろ、脳で妄想?イメージするセンスは問われるわけですが・・・。

最近、イラストレーターを使っていて気になったのがPCで描くイラストには過
程というものがまったく残らないこと。失敗したらその場で削除しちゃえばいい
わけですから・・・


最後の結果しか残らない。う~ん・・・これでいいのかなぁ・・・

サムネールもラフもまったく残らないなんてね。そう言えば、スケッチブックな
んて、娘の落書帳に落ちぶれてますもん・・・・。しかも、ミューズコットンの高
い紙のやつ。
今は、ラフなんてそこらへんの紙切れにジャジャッと描いて、スキャンして・・・
そこで、紙の役割は終わり。部屋は汚れないけど、何も残らない。かと言って
昔みたいにシコシコ描けって言われても「ハハハ・・・」と笑ってごまかすしか
ないのです。

仲宗根豊見親Tシャツにするとこんな感じ

多良間島の八月踊りのTシャツ 八月踊りの詳しいことはまたの機会に・・・


Tom's Profile #7

久々の Tom's Profile です。

どこまで話したかな??そうそう、宮古島に行ってハマってしまったとこから。。。

それから、何か月も経たないうちに西表にも行きました。
もう完全に、沖縄フリークと化してしまったのです。
・・・と言っても、その前からそんな兆候はチラチラあった
んですが。沖縄サウンドにもはまってたし。
知名定男の「バイバイ沖縄」とか頭の中を常に駆け巡って
いたわけですから。。。

お正月に宮古島に遊びに行って、半年後には東京をオサ
ラバしてました。
夏のボーナス前だったけど「まっ、いいか・・・」で6月に入
るとすぐ辞表出して。

広告業界ってけっこう転職とかにシビアで、要は他の代理
店に情報が漏れてしまうのを嫌うので、同業種の転職には
とても冷たいのです。
ところが、Tomの場合は、沖縄に余生?を送りに行くという
ことで、ボーナスは出るし、餞別まで・・・ラッキー!!



で、第2の人生舞台の宮古島にレッツゴー!!!!!


こんな景色見たらもう戻れない!


いやはや、若いってのは怖さを知らないってことだったのね。
今にして思えば・・・


続きの「宮古島編」はまた今度。

ショップがオープンしました!!

やっとネットショップがオープンしました。



このブログのメニューバーからリンクしておりますので
ぜひ、覗いてみてください。
まだ、品数は30点くらいしかありませんが、ただいま
必死で制作中です。
とりあえずの目標はアイテム数が100点を超えること。
なんとか、今月中には達成したいと思っております。
頭の中では、デザインのアイデアは溢れ返っているの
ですが、ショップオープンの準備は予想以上に大変で
雑用に追われて、なかなか頭の中のイメージが形にな
りません。
ま、ひとつひとつ片付けていくより他ありませんね・・・。

これからもよろしくお願いいたします。

【島‐Tプロダクト】 松本 途夢

明日から、少しずつですがTシャツのご紹介をしていこう
と思っています。


そうそう、きれいな日輪の写真みてください。
湿気の多い夏とかに、たまに見られます。だいたい次の日
は雨ですね。。。


sunny.gif


♪蒼天駆ける日輪のォ~♪(どっかの球団歌)

なんだか不思議な雰囲気でしょ?

テーマ : 商品情報
ジャンル : ブログ

パリの空の下・・・・??

ある朝のこと・・・

隣の家を覗くとオジィがいないので、オバァに

「オジィはどこに行ったの?」

って聞くと、オバァはなにくわぬ顔で

「オジィ?あぁ・・・オジィはパリに行ったさぁ」

と、こともなげに言った。
??????????「パリ」頭の中が?マーク
でいっぱいに。


「へぇ~・・・で、いつ帰ってくるの?」

「そうさねぇ・・・夕方まで帰らんかねぇ」

夕方??????またまた?マークが・・・

で、夕方になると隣からオジィの声がするじゃありませんか。
??????なんで?????


「オジィ、パリに行ってたんじゃないの?」
「そうよぉ、パリに行ってたよぉ」


あとで分かったこと。
「パリ」とは宮古島の言葉で「畑」のこと。
オジィは朝から野良仕事に行ってたわけさ。チャンチャン。

正確には「パリ」じゃなくって「パ~リ~」だそうです。
宮古島の農家のオジィは「パリジャン」オバァは「パリジェンヌ」
と呼ぶことにした。。。

b11-14.gif

パリの空の下、さとうきびは揺れる・・・ざわわざわわざわわ~

テーマ : プログはじめました☆
ジャンル : ブログ

Tom's Profile #6

宮古島との出会い

友達の奥さんが宮古島出身で、お正月に帰省する予定だったのが
キャンセルに・・・
「チケットもったいないから、宮古島に行かない?」


その一言が人生を変えるとも知らないで

「おお、行く、行く」

で、友人たちと4人で宮古島にダイビングしに行くことに。
その当時、那覇から宮古に飛んでいたのが今のJTA。
昔は「南西航空」でした。那覇のターミナルもトタン屋根の小さな建物
で、飛行機はYS11、プロペラ機で乗る前に荷物といっしょに体重計
に乗るんです。

宮古に着くと、島で唯一のリゾートホテル「宮古島観光ホテル」・・・
だったかな・・・今の東急リゾートの前身だったと思います。
そこに宿泊客は自分たち4人だけ。お正月でもほんとに観光客は
皆無でした。

ダイビングは、ポイントなんてなくて適当に「このへん!」で潜るんです。
ガイド?は水中銃持って魚を追いかけまわしてるし、お昼のお弁当なん
て無くて、ダイビングでサザエやタコを捕って、焚き火に放り込んで
食べるというワイルドなものです。
今そんなことやったら、絶対ヒンシュクかうけど・・・当時はそれがあたり
まえ!!

ホテルの前の海で、島に唯一あったウィンドサーファーに乗ってると
「なんだ、なんだ」と人だかりが・・・。


冬の宮古島は、毎日強い風が吹く!!

それが、強烈に頭の中にインプットされてしまったのです。

宮古島!宮古島!宮古島!!

頭の中にこの3文字が駆け巡る日々が始まったわけで・・・
六本木も湘南も吹っ飛んでしまったのでした。


東平安名岬

東平安名岬(あがりへんなざき)

島バナナ・・・はやく大きくなぁれ!

島バナナは、フィリピン産とかより小さく酸味が強いのが
特徴。だから、後味もすっきりしておいしいんです。
我が家でも、10年ほど前に980円!で買ってきた苗が
バンバン勢力を伸ばして、常にバナナだけは食べ放題
の状態になっています。


感謝、感謝!

_MG_1796.gif

まだあと1ヵ月くらいガマンです。。。

島のどこにでも自生している島バナナなんですが
専門の栽培農家が無いのか、買うとびっくりする
くらい高いんです。

だいたい10~15本くらいで800円くらい。
フィリピン産の4倍くらいするんです。計算すると
バナナ1本になる房で1万円は下らない計算に
なるんです。
こないだも、宮古空港で写真くらいの房でなんと
12,000円の値段が付いておりました。
おいおい・・・ひと桁違うんじゃないのか??


だいたい、買う人いるんかな????

ほんと、真剣に専業バナナ農家やってみようかなと
思います。でも、誰もやらないところをみると何か
問題があるんでしょうね。
島バナナをお金出して食べるなんて


シンジラレナ~~~~イ!!

天高く・・・

抜けるような青い空。

気持ちいいなぁ・・・

南の島にも、わずかながら季節の変化があるのです。
10月に新北風(ミーニシと読む)が吹き始めるとサシ
バという鷹の一種が、大挙して宮古島の空を舞います。
サシバは、日本本土で繁殖して冬の季節風が吹きは
じめると、フィリピンなどの熱帯地方に渡っていきます。
その途中、宮古島で羽を休めるのです。
鳥たちは人間よりも敏感に季節の変化を感じとれる
んですね。

パパイヤも秋の青空にとどけとばかりに気持ちよく
伸びてます。




・・・と思ったら、今日は朝から

さ、さぶい!!!

本格的に冬の季節風が吹き始めたようです。
でも、あいかわらずTシャツに短パンだけど・・・
今も、クーラーつけて書いてます。。。

南の島にも秋の気配が・・・

Tom's Profile はちょっとお休み。

宮古島にも、やっと秋の気配が感じられるように。。。
夏の空を支配していた入道雲はいつしか姿を見
せなくなって、箒で掃いたような筋雲が、抜ける
ような秋空にアクセントをつけています。




いま、盛りなのがトックリキワタの花。
澄み切った青空にピンクの花びらが映えます。
南の島は、これからが花と野菜の季節。
なぜかっていうと、宮古島の冬は長野の高原の夏と
同じだから・・・。
キャベツとかレタスはタダ同然。
いい季節です。

tokkurikiwata2.gif

Tom's Profile #5

さて、それからは海狂いの生活が!

ダイビングもやってたので、週末は超多忙(遊ぶのに)
もちろん仕事もそれまで以上にハードでしたが、人間
興味のあることには神経が集中するんですね。
不思議と時間をやりくりして金曜の夜中に車を飛ばして
湘南へ・・・。

ウィンド仲間と共同で借りた一軒家で仮眠して、早朝から
海に出ます。風がなければビーチでゴロゴロ。
その頃は、湘南でもウィンドやってたヤツってあんまりいな
かったなぁ・・・
よく、釣り人に重り投げられてたっけ・・・。
千葉の片貝なんて行ったら、ウィンドやってるそばで、漁師
のおじさんがハマグリ採ってました。

そのうち、週末だけじゃ飽き足らなくて、ボードを会社の近く
のショップに置いて、夜仕事の合間にお台場に出かけて月
明かりで乗ってました。
あの頃のお台場ってコーヒー色の海で匂うし、絶対落ちた
くないから、お台場でかなり上達したようなもんです。

結局、ディスコがお台場に変わっただけで、相変らず睡眠
時間は2,3時間という日々が続くのでした

Tom's Profile #4

それまでも、ダイビングとサーフィンはチョロチョロとやってたんですが
ハワイの空高く舞い上がる写真に完膚無きまでノックダウンされたのです。

これはやるっきゃないぃぃぃぃぃ!!!!

その頃は、まだ日本にウェーブ用のボードなんて影も形もない時代。
そもそもウィンドで波乗りするなんて発想、日本人にはありませんもの・・・

これってサーフィンよりラクでおもしろそうじゃん。
パドリングいらないし・・


そうなんです。
サーフィンも楽しいけど、波に乗ってる時間ってせいぜい数秒でしょ。
沖に出るためのパドリングに貴重な時間を割いてたんです。

でも

ウィンドだったら、ジャンプしながら沖に出て帰りは波に乗って遊べる!!
これって一粒で二度オイシイ!!


そんなスケベ心で、あっちこっちのウィンドショップをウェーブボードを求めて
放浪。やっとみつけたのが、まだ日本で何本目かのボード。

おおっ、最新式!!

と感激していたのが数年後には「亀の子ボード」とバカにされる
ようになるんですが。。。

で・・・どーやって乗るの???

当時、ウィンドっていうとヨッコラショとセールアップするのが常識。
でも、そのボードはなんとか立てるものの、セールアップしようと
すると

ズブズブと沈んでしまうんです。

何か月もわけのわからないまま、文字通り「七転八倒」してた
或る日、サーフショップにウェーブライディングの新作ビデオが
あったんです。
そこには、なんなくウォータースタートするピーター・カブリナの
雄姿が。

おおおおっっ!!ピーターって神様???

それから苦節何か月、突然ウォータースタートできた時の感激
と言ったら。。。

人生最高の悦楽~~~

そうして自然に、生活も考え方もギョーカイ人からナチュラル派
に変わっていったのでした。


テーマ : プログはじめました☆
ジャンル : ブログ

Tom's Profile#3

・・・てなわけで3年くらい超不規則な生活を続けておりました。
コーヒーも1日に20杯くらい。。。

ギョウーカイ人なんてみんなこんなもんです・・・

ある企画で、フィルムライブラリーでヨットの写真を探していた時
1枚のリバーサルフィルムに目が釘付けに・・・

衝撃的出会いが!!!!

な、なんと、ウィンドサーフィンが空飛んでるじゃありませんか!

ありえな~い!!!!

当時、日本のウィンドは黎明期で、ウィンドといえばサーファー艇
のワンデザインでした。

この日を境にTomの生活は一変してしまうのです。


3383508521.jpg

Tom's Profile #2

きのうのつづき・・・

ボーっと4年モラトリアムした多摩美を卒業して、なにげに
受けた広告代理店に勤務することに・・・。
ほとんど?まったく!研修も無しにいきなり現場仕事です。

美大で習ったことなんて、な~んも役に立ちゃあせん!!

習うより慣れろ!!ってか・・・


入社早々、クライアントいくつも持たされて、さもベテラン
デザイナーのような顔をして打ち合わせに行くわけです。
クライアントの担当者も「まあまあ、新入社員だから・・・」
なんて甘い顔してくれません。
ビシビシ、文句つけてくるのです。
いきなり一人前扱いで、うれしいような、こわいような・・・

広告代理店っっ??  オシャレじゃん!

それは今の話。確かに、TシャツのデザインもぜんぶPC
で紙なんて使うこともないから、きっと現代の代理店は
ホテルのロビーのようにすっきりしたオフィスでしょうね。
ところがどっこい、昔の広告代理店は電通とか博報堂など
の超大手は知らないけど、どこもだいたい似たようなもので
ゴミタメの中で仕事してるようなもんです。
床には紙の切れっ端が散乱してるし、(1日に2~3回ビル
の清掃業者が掃除しにきてた)机の上は、マーカーやぺー
パーセメントや色見本などのデザイン用具がてんこ盛りで
それをかきわけて仕事してました。

とにかく、プレゼンとか期日は決まってるわけで「できない」
なんて言い訳は通用しない世界。
深夜残業の連続で、9to5のいわゆる就業時間なんてクソ
くらえ!残業が正規の就業時間だもんね・・・って感じでした。
それでも、若さゆえ??
ちょっと早く終わると(それでも確実に次の日になっていた)
ディスコに繰り出して朝までドンチャン騒ぎ。
会社の会議室で寝て、昼近くに起きてまた仕事。

広告代理店に5年いたらぜったいにハゲる!!

ストレス溜まりまくり~~~

で、どうしたかってのはまた明日。


P.S.今はのんびり、南の島でこんなの作ってます。マイペース、まいぺーす・・・ 

DSC_0232.gif

テーマ : プログはじめました☆
ジャンル : ブログ

Tom's Profile #1

さて、それではTomのプロフィールを紹介します。

どこからがいいかな??
じゃ、大学時代くらいからぼちぼちと・・・・

Tomは、多摩美のグラフィック出身です。
その頃の美大生は、99,9%

パンクロッカー!!・・・(笑)

でした。
ちなみに、2学年上にはユーミンが
1学年下に竹中直人がおりました。
(歳がバレバレってか・・・)

学校は、八王子と相模原の間のド田舎で
こんな格好の連中が田舎道をゾロゾロと
歩いていたのです。
かなり刺激的というかのどかというか・・・


pro-1

あんまり田舎なもんでバスは1時間に1本あるかないか。
みんな、ヒッチハイク!で通学してました。
帰りは、まず女の子を道端に立たせて男どもは森の中に
隠れるのです。

通りがかったダンプのアンちゃんが鼻の下を伸ばして停まると・・・

うさんくさいパンクロッカーがぞろぞろと木立の中から姿を
現すわけです。
あの頃はお金は無かったけど、時間だけは有り余ってたなぁ。。。
毎日のんべんだらりと過ごしておりました。

続きはまたね。

自己紹介、忘れてました(ダハッ・・・)

すみません、自己紹介が遅れました。

【島‐Tプロダクト】の社長  プロデューサー 
デザイナー  etc・・・ の

松本 途夢 と申します。

通称<Tom>で、このブログに登場しますので
よろしくです。


ネットショップも、ただいま工事中でトンテンやって
ますので、興味があったら覗いてください。

今日からボチボチと・・・

突然ですが・・・
(と言ってもまだ誰もこのブログを見てない)

Tシャツ屋さんを始めます!(宣言!!)
これから、ネットショップを作って
お店も作ってブログも書いて・・・

肝心のTシャツのデザインも考えて 
プリントもしなくちゃ!!


全部ひとりでやるんです。
大忙しです。
でも、好きなことやってるんで気力だけは充実してます。
ブログも片手間になっちゃうけど、ボチボチと書いていき
たいと思ってますので 応援してください。
(どなたか、まだ分かりませんが・・・)



沖縄・宮古島でこんなTシャツ作っています。
ネットショップがオープンしたら
見にきてください。
                                                             カクレクマノミのTシャツ(子供用)

                                                            カクレクマノミのラグランT(キッズ用)

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

Access

Online

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード
Shima-T Product Inc.



▲ ネットショップへGO!




島‐Tプロダクトネットショップ
Shima-T NET SHOP

島‐Tプロダクト楽天支店
RAKUTEN STORE

ハイビスカス通りホームページ
OFFICIAL HOME PAGE

ハイビスカスメンバー・ログイン
HibiscusMember LOG IN


cotton & sweets


ブツブツ…つぶやき


Time
ブログランキング

読んでいただいてうれしいわ。
お気に召したらポチッと押し
てくださるかしら?
お願いねっ…ウフッ ☟

にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

人気ブログランキングへ

こんにちは!途夢@Tomです




海と島を感じるTシャツショップ
【島‐Tプロダクト】店長の途夢
@Tomのブログです。
宮古島の海や島の風景、フォトポ
エムや新作Tシャツの発表などバ
ラエティに富んだ話題をお届けし
ています。




         

松本 途夢@Tom


Photo Gallery


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
相互リンク



☝バナー/リンクフリーです。






RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。